就職活動を終えて無事学生をエンジョイしていく・・・かも知れないブログ(笑) 最近の話題はトヨタの新型bBとメールでお小遣い稼ぎ!! 日記は徐々にmixiに移りつつもありますw
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一票くださぃ(○ `人´ ○)→ 人気blogランキングへ
こっちもw→ さらにこれもw→
今日は『ALWAYS 三丁目の夕日』観てきました☆

とりあえず結構前の時代の話なんだろな~ってくらいで行ったんだけど・・・

これがマジに感動もんよw

笑えるとこは思いっきり笑えるし、泣けるとこはマジに泣ける!!

今とはだいぶ時代の違いもあって、人間味に溢れてたしね。

なんか現代は味気無くなっちゃったような気さえしますねぇ(´Д`) =3 ハゥー

昔は就職もあんなふうになってたと思うと、今の就職なんてヌルいもんだし、子供の帰りが遅くてもケータイに電話する時代っすもんねぇ。。。。

あんな愛情豊かな時代も捨てたもんじゃないね!!

人間やっぱりお金じゃなくて心だねd(゜ー゜*)

スポンサーサイト


一票くださぃ(○ `人´ ○)→ 人気blogランキングへ
こっちもw→ さらにこれもw→
コメント
この記事へのコメント
突然失礼します。
いつも楽しく拝見させてもらってます♪
自分もこんなブログを作りたい思い作ってみました☆
http://blog.livedoor.jp/dtd011/
大学生7人で運営しています。HGとかいます(笑)
一度お越しくださいな~

2005/11/27(日) 16:42 | URL | y #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ta0103.blog11.fc2.com/tb.php/138-0a270d1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
観に行ってきました。年配の方がたくさん観に来ていました。映画ですが・・・よかったです{/face_yoka/}ほんわかあたたかい気持ちになる、心地いい映画でした。「消しゴム」で泣かなかったのに、涙・鼻水が止まりませんでした{/namida/}昭和33年春から冬までの、鈴木一家
2005/11/23(水) 00:20:04 | ダラダラ生活 日記
{/new_color/}覚えていますか?わが家にテレビがやってきた日のこと。もちろん年代によっては、テレビ放送が始まった頃には生まれてなかった方もいらっしゃるのですが少なくとも昭和28年(1953年)までに生まれた方でしかこの頃の記憶はないはずです。でも、観てほし
2005/11/23(水) 02:54:58 | 赤毛のアンちゃん
{/new_color/}この映画をごらんになった当時を知る方は、どんな思いで観ていたのでしょう?ある方は、楽しかったことを、ある方は辛かったことをまた、なつかしさに涙した方も。それでも・・・幸せだった時代です。未来への夢があった時代です。{/heart_pink/}いい作品でし
2005/11/23(水) 02:55:16 | 赤毛のアンちゃん
いや~、今日は我ながら頑張ったと思いましたよ。映画を2本ハシゴしました。まぁ、それだけならそんなに珍しいことでもないのですがなにしろその組み合わせが「TAKESHIS'」と「ALWAYS 三丁目の夕日」なのです…。片や超シュール、片やほのぼのレトロ笑いと涙ですからね
2005/11/24(木) 07:45:38 | 避難場所
ALWAYS 三丁目の夕日監督:山崎貴出演:堤真一/吉岡秀隆/小雪/薬師丸ひろ子/掘北真希/もたいまさこ/三浦友和/他昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オート
2005/11/27(日) 10:39:44 | マボロシログ
ALWAYS 三丁目の夕日____監督:山崎貴__出演:堤真一/吉岡秀隆/小雪/薬師丸ひろ子/掘北真希/もたいまさこ/三浦友和/他____昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オート
2005/11/27(日) 10:39:44 | マボロシログ
2005年 日本映画TOHOシネマズ南大沢にて鑑賞~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 昭和33年、「戦後」から「高度成長期」に移行する時代の東京を描いた作品です。 その時代に少年時代を過ごした世代(
2005/12/02(金) 01:13:59 | 読む映画
昭和33年の東京のある町の「三丁目」を舞台にした作品。”金の卵”として中学卒業と同時に青森から就職するために東京へやってきた少女、そんな少女を受け入れる将来は大きくなることを夢見ている自動車の修理工場[鈴木オート」を経営する一家、駄菓子屋の店番をしながら大
2005/12/02(金) 12:32:27 | 日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
ALWAYS 三丁目の夕日泣いた、、、ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。SFXとは、こういう使い方をするんだぁ!年代は...
2005/12/10(土) 00:50:42 | 猫姫じゃ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。